|

CONTENTS

借金相談

Curtain-STYLEでそれぞれの特徴を学ぼう!

 

どんな場合に債務整理を考えた方がいいのでしょうか。

まず、突然のケガや病気などで仕事を続けられなくなってしまった、またはリストラなどで仕事を続ける事ができず、収入を得る事ができなくなってしまった時などは、早く対応したいですね。

最終的に債務整理を行うかどうかは専門家と話をして決めるにしても、早期にしっかりと対応したいですね。

金銭における余裕がどうしてもない時は、債務整理に関する無料相談会などに参加するといいでしょう。負債額が増えない間に、債務整理を検討したいですね。

債務整理はしたくないという人もいると思いますが、問題がより一層深刻化してしまわない様にしたいですね。